スレた鮭には浮きフカセ!爆釣してる人は絶対使ってる「ふかせ」の選択

鮭浮きフカセアタリ

サケが見えてるのに釣れない
誰も釣れてないのにあの人だけ爆釣してる
そんな経験はありませんか?

鮭がいるのに釣れないのは、
その鮭がスレてる(釣られると鮭が分かってる)から仕方ないと思ってませんか?

確かにスレた鮭に口を使わせるのは難しいです。

1日やっても朝マヅメしか反応してくれない。。。
なんて経験を私もしたことがあります。

ただ釣り方を変えるだけでスレたサケに口を使わせることに
成功しました!

それが「浮きフカセ」という選択です。

鮭釣りは地方によって主流の釣り方があるので
「浮きルアー」や「ぶっこみ(投げ釣り)」がメインの地域は、
浮きフカセは馴染みのない釣り方かも知れません。

しかし、だからといって浮きフカセをしないのはもったいないです。
そのくらい覚える価値のある釣り方なんですよ(^^)

ウキルアーで反応が無いからスレ狙いをする!💦
なんて言葉が聞こえてくることがありますが、
そんな必要は全くありません!

浮きフカセはそれくらい強力な釣り方です。

浮きルアーでは鮭のスイッチを入れられない時間に「浮きフカセ」を試してみませんか?
さっきまで全然釣れなかった鮭に捕食スイッチを入れられますよ!

ぜひこの記事を参考にして浮きフカセを覚えちゃってくださいね♪

浮きフカセってどんな仕掛け?

浮きフカセは、浮きの下にタコベイトと針を付けただけのシンプルな仕掛けです。

それだけに浮きやタコベイト一つ一つの部分をより精密にセッティングする必要があります。

時にはタコベイトの沈み具合を調整するために「ガン玉」と呼ばれる小さな重りで浮力調整をすることもあります。

ちょっと面倒臭そうだな?
自分には出来なさそうだな?
と思うかも知れません。

ただ、その苦労に見合うだけの釣果が期待できる釣りです。

私が浮きフカセと出会った頃の話があります。

その頃の私は
浮きルアーこそ鮭の釣り方だ!
この釣り方を極めていけば年間3桁の釣果も間違いなし!
と思ってました。

確かに浮きルアーだけで3桁の釣果を挙げている人もいますので、
100本釣るのも不可能ではありません。

ただ、私は毎回のように浮きルアーを振り続け
1日振って0-3本という釣果が続いていました。

ある朝、釣り場に行くと海一面に鮭がいるのが分かります。
マジで100匹くらいいるので「これはもらったでしょ!」
と思いながら、浮きルアーを振り続けます。

しかし、全く釣れません

おかしいなーと思ってると、
暗闇の中で隣の釣り人が手前にヒョイッとキャストして
1キャスト1キャッチの入れ食い状態になってます。

そこからは、その人の釣り方をメチャクチャ見ました。
で、分かったんです。

もうお気づきでしょうが、その人は「浮きフカセ」で釣ってました。
浮きふかせで爆釣してたんです。

その人以外にもフカセでやってる人たち(おそらく仲間内)は
爆釣しており1人10匹は釣ってましたね。

それ以外の人たち(私を含めたウキルアーの人たち)は
ほぼ全員ボウズです💦

しかも、その日だけとかじゃないんですよ。

その後も浮きフカセがスレた鮭に対して有効だという場面を何回も経験しています。

マジで浮きフカセを覚えないなんて勿体ないですよ♪

浮きフカセの釣り方

浮きフカセは、基本的にはタナを合わせて浮きの動きを確認するだけの釣りです。

浮きに異常があったら合わせをする。

それだけなの?と言われそうですが、
それだけなんですよ笑

ただその「浮きの異常」に合わせてアタリを取るのが難しいんです。

浮きが一発でスッと沈んでくれたら簡単なんですが、
浮きルアーの記事でも書いたように鮭はガツン!とアタリがあることは少ないです。

感覚的にはコツンコツンとエサをもて遊ぶようにしてアタリがあります。

なのでアタリにも色々と種類があるんです。

現場でおっ!と感じるためにも下のアタリの取り方を覚えていってくださいね。

浮きフカセのアタリの取り方

浮きのアタリの取り方は浮きの動きを確認する必要があります。

鮭のアタリの種類
  • コツンコツンと浮きが沈む
  • 浮きが流れていく速度に変化がある
  • 浮きが潮の流れに逆らうように動く
  • 浮きの動きが止まる

上のような動きがあったら、鮭のアタリなので1秒足りとも浮きから目を離さないでください。

上の状態から「ズポッ!」と浮き全体が沈んだら、思いっきり合わせてやります。

これでOKです♪

沈む瞬間を見落とさないでくださいね!

しっかり合わせが決まれば、
あとは鮭とのファイトを楽しむだけです

(^^)

浮きの形状の違い

「浮き」には2種類あり、
棒状の「棒ウキ」と丸い形の「円錐ウキ」があります。

どちらも「アタリの取りやすさ」と「波風に対して」差があります。
下の表を参考にして浮きを選択してくださいね。

アタリの取りやすさ波風に対して
棒ウキ取りやすい弱い
円錐ウキ取りにくい強い

どちらも鮭釣りに使用するのは重りが内蔵されたタイプになります。
他の釣り用の重りが内蔵されていないタイプもあるので用意する際には注意してください。

棒ウキに関しては自作も出来ますが、市販されているものでも充分釣れますよ。

自作も楽しいですが、まずは市販のもので感覚を身に付けてくださいね。

自作をする場合のポイントは「沈みやすいように調整すること」です。

ただでさえスレてるアキアジに口を使わせるために選んでる浮きフカセです。

浮きの浮力が大きすぎてサケが口を使った時に違和感を与えてしまっては
口を離してしまいます。

これが非常に勿体ないです。

せっかく口を使ってくれた個体はしっかりヒットまでつなげるために
「浮力は出来るだけ小さいもので沈みやすいものを使う」
のが爆釣への第一歩になります。

棒ウキであれば細くて軽いものを
円錐(玉)ウキであれば軽くて小さいものを
選んでくださいね。

海の状況に合わせてギリギリを狙うのがコツです!

タコベイト&針

スレた鮭を狙っている場合はタコベイトと針は小さくてアピール力の少ないものを選びましょう。

タコベイトのサイズは1.5号でOKです。

カラーは基本的にはピンクでOKですが、
スレてる場合には黒系がオススメ
ですね。

ワンポイントの赤や青、ピンクのラインがありますので、
そこで違いを出してください。

ちょっとしたカラーの違いを分けるヒントは下の記事を
参考になります。

エサが何より重要

浮きルアーのエサは1cm×1cmでスプーンの動きをジャマしないものが良いとお伝えしましたが、
浮きフカセの場合は逆でエサはドーーン!と大きい方がいいです。

自作する場合はサイコロの様な形にするのではなく短冊状にしましょう。

ヒラヒラ~っと海に漂わせて誘うイメージなので、
エサも海流の影響を受けやすくしてOKです。

生のサンマをそのままぶつ切りにし背骨に針を引っ掛けて
爆釣してる人もいましたのでエサ取りがいない場合は
生エサでもOKです。

その方も「エサは大きければ大きいほど良いんだー!」と言ってましたので、
生エサを使う場合はお試しください♪

最後に

スレた鮭に対してメチャクチャ有効な浮きフカセをオススメしました。

ウキは小さく沈みやすいものを
ラインは出来るだけ細いものを
タコベイトも小さい1.5号を
だけどエサは大きめで

がフカセの王道です!

浮きルアーに全く見向きもしなかった鮭たちを
浮きフカセで口を使わせてやるのはマジで気持ちいいです♪

坊主で帰りたくない人は浮きフカセもぜひお試しください(^^)

※注意

サケ釣りは自分も他人もケガをしやすくロッド破損も起きやすい釣りです。

実際に私は毎年ロッドが折れる場面に遭遇してますし、
ケガをしたという情報も耳にします。

万が一が起きる釣りなので「保険」に入っておきましょうね。

調べてみると釣り人に最適な保険が合ったので、
下の記事にまとめてます。

何か合ってからでは遅いですよ💦