鮭スプーンのオススメはこれだ!浮きルアーで使う形・色・重さの選び方を伝授

鮭(アキアジ)おすすめスプーン

鮭シーズンには欠かせないアイテム!
それがスプーンですよね!

浮きルアーでサケ(アキアジ)釣りを楽しむ方なら
必ず使うのがスプーンです。

そのスプーンですが、
川とか湖の釣りをする方ならお馴染みですけど、
海がメインの人はほとんど使いません。

しかも、鮭スプーンも毎年新しいのが出るから、
色も形も重さも何を選んだら良いのか分かんない!
って方が多いんじゃないでしょうか。

なので今回は、
アキアジ用スプーンの基本的な特徴と使い方を
説明していきたいと思います。

どのスプーンをどういった状況で
使ったら良いのか分かんねー!って方に
オススメの記事ですよ。

この記事を読めば、
海の状況に合わせた形・色・重さの
スプーンを選択出来るようになります。

サケに出会うためには
状況に合わせたスプーンを使うことこそが近道です。

鮭(アキアジ)が釣れないと悩んでる方へ向けて
貴重な1匹に出会うために全力でスプーンの
記事を書いてます!

鮭スプーンの基礎の全てを書きましたので、
ぜひ参考にしてください。

形の違い

鮭用スプーンと言われてますが、
これってスプーンなの?っていう形のやつも
たくさんありますよね?

そもそもスプーンなんだから、
ご飯を食べる時のスプーンみたいな形をしてないと
スプーンって認めないぞ!って方もいると思います。

私が持ってるスプーンを並べてみました。

アキアジスプーンいろいろ

まっすぐだったり、くの字に曲がってたり
色んな形がありますよね。

スプーンの形に近いのは右から2つめ3つめ
くらいです。

これ1つ1つ使い方が違うんですよ!

すげー釣れてるって噂のルアーやワームなのに
全然釣れねーじゃん!って経験ないですか?

それは使い方を間違えてるからなんです。

この辺、開発の人がうまく発信してくれたら、
もっと爆発的に人気になるスプーンとかルアーとか
出そうなんですけどね。

惜しいな-って思います。

オススメの使い方は
海の状況がこんな感じで
こういう使い方をするのがいいですよー
って教えてくれてもいいですよね。

もちろん釣り人ごとに
独特な釣り方はありますから
それを見つけるのもいいんですけど、
それって上級者の使い方だと思うんです。

初心者をいかに取り込むかが
釣り業界発展のカギになりそうだし
その辺意識してもらえたら嬉しいのになー。

メーカーにとってもそれで
「釣れる!」と人気になれば嬉しいはずですしね。

少し話はズレましたが、
形を意識した釣り方をしていくことが
アキアジを釣る第一歩なります。

なので、スプーンの形ごとの
オススメの使い方を私なりに書いていきますね(^^)

釣り方(形の違いごとのスプーンの使い方)

細かい違いはありますが、
まずは3つのパターンを覚えましょう!

スプーンは大きく分けて2つのタイプがあります。

  • スプーンの形に近いタイプ
  • まっすぐなタイプ

この2つですね。

あとは波打ってるやつとか
ギザギザした魚のウロコみたいなのが
付いてるスプーンもありますよね。

それらをここでは、

  • 波動タイプ

と呼ぶことにしましょう。

スプーンの形、まっすぐ、波動の3つの使い方が
分かれば、最初の段階はクリアです。

なので、3つの使い分けを覚えていきましょうね。

スプーンの形に近いタイプ

アピール度強い
波の影響受けやすい
動き大きい
遠投しずらい

1番スタンダードなスプーンタイプは
波の影響を受けやすい分、良く波を噛んでくれるので
動きは大きくアピールは強いのが特徴です。

使い所は

  • 波の影響が少ない時
  • アピールを強くしたい時

になります。

波の影響が強いと自分の意図した通りに
スプーンが動いてくれないので、
鮭に違和感を与えてしまい釣れません。

あえて重いスプーンや鉛を追加して
動きを抑えて使う方法もありますが、
初心者にはオススメ出来ないので
波が荒いときには素直に違うスプーンを使いましょう。

また、波の影響を受けやすいということは
風の影響も受けやすいということになります。

なので、遠投には向きません。

アキアジが近くに寄ってきてる時に
使用するのがいいですね。

まっすぐタイプ

アピール度弱い
波の影響受けづらい
動き小さい
遠投しやすい

最近、流行りだしているスプーンが
まっすぐタイプのスプーンです。

まっすぐタイプは動きは小さいながらも
波の影響を受けづらいのが特徴です。

動きが小さいのでアピール度は弱めですね。

アピール度が弱いと釣れないんじゃないの?
となるかもしれませんが、全くそんなことは無く
むしろ秋冬は天気が悪いことが多いので波が荒く
波の影響を受けづらいまっすぐタイプのスプーンが
活躍する場面がたくさんあります。

波が荒い時に波の影響を受けづらいスプーンを使って
アキアジにアピールしてやるんです!

なので、使い分けが重要になります。

波が穏やかな時はスプーンタイプ
波が激しい時はまっすぐタイプ
というように使い分けましょう。

ただ、同じまっすぐタイプでも波の影響を受けやすい
スプーンもあるので要注意です。

この2つのスプーンの名前は両方共「鮭男爵」です。

形もまっすぐタイプなのが分かりますが、
1つは丸い形状、もう1つは細長い形状ですよね。

この2つのスプーンではどちらが波の影響を
受けやすいんでしょうか。

正解は、「丸いタイプ」の方が波の影響を受けます。

丸いスプーンは波の影響を受けてクルクル回る形なので
波を受けやすくなってるんです。

一方で細長いタイプは波を切るような形をしていますので、
波の影響を受けにくいように出来ています。

このように同じまっすぐでも波の影響を受けるスプーンも
ありますので注意が必要です。

また、まっすぐのタイプは波の影響を受けづらいので、
風の影響も受けづらいです。

なので、遠投しやすいスプーンになってます。

アキアジが沖にいるなーって思ったら、
まっすぐタイプで遠投してみましょう!

波動タイプ

スプーンが波打っていたり、
魚のウロコのようなヤツが付いてるスプーンを
波動タイプと呼ぶこととしました。

それはナゼか?

それは両方とも水の中で波動を起こして、
魚にアピールするタイプだからです。

ロックフィッシングをする方なら
ワームの尻尾がテールなのかシャッドなのかピンなのかで
波動が変わる話を聞いたことがある方もいるかも知れません。

尻尾の違いだけでも波動が起きて
魚へのアピール力が変わるので、
アピール力に変化を持たせたい時に
波動タイプをオススメします。

もちろん波打ってるタイプと
魚のウロコタイプではアピール力に違いがあるので、
その日の正解を探す候補の1つになります。

カラーは何色を選んだほうがいい?

ルアー釣りはカラーの選択が
非常に重要になります。

カラー選択の基本的な考えは
海の色と反対の色を選ぶのが正解です。

とは言っても、
反対の色って何色だ?
ってなりますよね。

反対色を選ぶためには下のような
カラー表を使うと便利です。

色コントラスト表

バスデイ・川島雅史が語るサクラマス戦略より引用

例えば、海の色が「青」だったとします。

表を確認してみると反対の色は「オレンジ」ですよね。

なので、基本のカラーは「オレンジ」
ということになります。

ただ、カラーの選び方の考えは
そんなに簡単な話ではありません。

他にもベイト(エサとしてる)カラーや
敵対している魚の色、環境に合わせた色も
考えて選ぶ必要があります。

カラーについての詳しい考え方は
下の記事に書いてありますので、
興味のある方は確認してみてください。

ただ釣れてるカラーはこれだ!と選ぶよりも
根拠を持った色選択が出来れば
次に似たような状況になった時に
いち早く正解カラーにたどり着けますよ♪

重さは何グラムを使用すればいい?

鮭用スプーンと一口で言っても
色々な重さのスプーンがあります。

使用頻度が多いのは40gとか45gです。

基本的には40gくらいを使ってもらって、

  • 海の状況が穏やかであれば軽くする
  • 荒れている状況であれば重くする

というように考えてもらえばOKです。

もちろん、遠投が必要な場合は
重いスプーンを使用して遠投する必要があります。

じゃあ、ずっと重いスプーンを使用してれば
OKなのか?と聞かれたら、それは「No」なんです。

重いスプーンを使うとスプーンの動きは悪くなるので、
鮭へのアピールが減ります。

なので、すっごい釣れてる場面やどんどんアピールしたい!
という場面で重いスプーンを使っていると不利なんです。

状況に合わせた重さのスプーンを使うのが
一番ということになりますね。

オススメ(実績がある)のスプーンはこれだ!

スプーンの違いについて色々なパターンを
説明しましたが、それでも選びきれないくらい
スプーンの種類があります。

なので今回は、私がオススメするスプーンを
厳選して紹介しますね。

この記事に書いてあるスプーンは
即完売!となるスプーンもありますので、
見つけたらラッキー!と思って頂いてOKです。

スプーンはほとんどがシーズン初期に作って
それでおしまいです。

途中で追加で作ってくれるメーカーもありますが、
来年まで手に入らないこともあります。

なので、欲しい!と思った方は
在庫があるうちに確保してくださいね。

鮭勝

このスプーンは道南のサケ釣り名人である畑澤さんが
監修したスプーンです。

ご存知の方も多いと思いますが、畑澤さんは
年間100匹は当たり前に鮭をゲットしている方で
200匹300匹と釣っています。

そんなサケ釣りのスペシャリストが監修した
スプーンが釣れないわけないですよね。

大きな期待を持って2018年に販売開始となりましたが、
マジで釣れるスプーンでした。

私も友人も鮭勝のおかげで何本鮭を釣ったのか
分かりません。

鮭勝の良いところは
「超デッドスローで巻いても泳ぐ」ところです。

しかも、波打った形状のおかげで波動も出ており、
初心者でも使いやすいスプーンに仕上がっています。

ただ、飛距離は出ませんので遠投する場合は
素直に他のスプーンを選びましょう。

この鮭勝は生産数も限られているので、
品薄になる可能性が一番高いです。

2018年は購入できない人も1人や2人じゃありませんでした。

なので、欲しい方は入荷次第、即ゲットしてくださいね。

コータック コンデックス

鮭勝が出るまでは1番オススメなスプーンだったのが、
コータックのコンデックスです。

よく泳ぐスプーンなので、
アキアジにアピール力抜群なんですよ♪

コータックのスプーンでオススメなのが
魚のウロコのようなものが付いてる
スプーンがあることです。

上の写真じゃ見づらいと思うんですが、
付いてるんですよ笑

見えない!という方はアップにするなりして
確認してみてください。

このウロコが微波動を生んで
鮭にアピールしてくれます。

鮭勝と使い分けるならココですね。

鮭勝の波打った波動
VS
コータックのウロコ波動

この2つの違いはちょっとしたことに見えますが、
鮭のスイッチを入れるきっかけになるので
2つとも用意しておくいいですよ。

アピールに変化が生まれます。

もちろんウロコが付いてないやつも
マジで釣れるのでスプーンタイプの
スプーンが欲しい!と思ってる方は
鮭勝かコータックコンデックスを選べばOKです

鮭男爵 ラウンド&スリム

鮭男爵は「まっすぐタイプ」のところで
使い分けの説明をしましたね。

メーカーとして使い分けしてください!と
2種類出してきてるところも珍しいです。

ほとんどのメーカーさんは1種類の
スプーンだけですもんね。

使い分けると面白いし釣果も出るスプーンなので
オススメですよ!

ダイワ アキアジクルセイダー

昔からあるスプーンなので、
知ってる人も多いスプーンですね。

「昔からある=実績がある」
ということで間違いありません。

特にオホーツク方面ではミラーブルーが強く、
これしか釣れない日がある!と
言われるほど人気のスプーンなんです。

もちろん他の色も人気ですが、
このミラーブルーだけは別格の人気ですね。

持っておけば良かったー!!とならないように
せめてミラーブルーだけでも持っておくことを
おすすめします。

ルアーズケミスト

私もめちゃくちゃお世話になってるスプーンです。

爆発的な人気で一時はマジで入手困難でしたが、
最近は少し落ち着いてきたかな?という印象です。

それでも希望の色や重さのスプーンを手に入れるためには
運が必要ですね。

手に入れるためにはオンラインショップ吉田自動車さんに
直接行く必要があります。

旭川近郊の方なら直営店が週に2回開店しますので、
そちらもオススメです。

ルアーズケミストのスプーンの魅力は
種類の豊富さです。

カラーバリエーションは何種類あるのか
数えるのが大変なくらいあります。

なので、自分のお気に入りのカラーが必ず見つかる
スプーンですので希望の色を見つけてゲットしてくださいね。

もちろん実績もありますので、
自信をもってオススメ出来ますよ♪

これを1年間使い倒した年もあったくらいです(^^)

最後に

今回は浮きルアーで使用する
スプーンの使い分け方を説明しました。

  • スプーンの形の違いごとの使い方
  • カラーの選び方
  • 重さの選択方法
  • オススメのスプーン

を紹介しましたので、
何度も確認して自分の体に染み込ませてくださいね。

初心者の方はこの情報を知っておくだけでも
釣れる確率が上がりますので、
ぜひ参考にしてください。