北見・紋別・興部・浜頓別・枝幸・猿払・稚内・豊富町のサケ釣りポイント

枝幸稚内紋別北見興部浜頓別猿払豊富サケ釣りポイント

サケの激アツ地域オホーツク沿岸や宗谷地方に
行ったことありますか?

オホーツク沿岸は北海道でも誇るべき釣りのポイントが
めちゃくちゃあります。

北海道全体のサケの漁獲量を見てもケタ違いなので
釣り人にとっても激アツポイントなのは間違いありません!

遠征になる人も多いかもしれませんが、
マジで遠征する価値のある地域なので
サケ釣りが好きな人なら1度は行ってもらいたいです。

特に稚内・枝幸なんかはサケ釣りの超1級ポイントが
たくさんあるので、どこが釣れるのか!という
情報を知りたい方もたくさんいるでしょう。

私自身、初めてこの地域に遠征した時は
ポイントがありすぎてどこに入ったらいいのか
全く分かりませんでしたしね。

そんな方のためにこの記事では、

  • 鮭が釣れる場所
  • オススメの釣り方

を地図付きで解説していきます。

この記事を見れば、
遠征時に迷うこと無くポイントまで
行けるような記事にしました。

オホーツク沿岸・宗谷地方の鮭の数は
ハンパないですからね!

場所と釣り方さえ分かってしまえば
コッチのもんです!

ボウズで帰るなんてことの無いように
激アツポイントを厳選して紹介しましたので、
ぜひ参考にしてくださいね(^^)

河口規制

もちろん北見から宗谷地方にも
河口規制はあります。

毎年のように少しづつルールが
変わりますので自分が行きたい場所が大丈夫なのか
確認してから釣りを始めてくださいね。

オホーツク宗谷河口規制

フィッシングのルールとマナー (漁業管理課)より引用(2019年7月3日時点)

北見市(常呂漁港)

8月の常呂(ところ)漁港の鮭は
カラフトマスに混じって釣れることも多く
嬉しい外道扱いされています。

カラフトマスもめちゃくちゃウマいので、
両方狙える常呂漁港はかなりオススメですね♪

9月に入ると段々とサケにシフトしていき、
11月の実績もあるポイントになってます。

ウキルアーやウキフカセがメインの漁港です。

紋別市(紋別漁港)

浮きルアー&浮きフカセで9月10月がメインの漁港です。

大きな漁港ですからタナ合わせには注意してください。

たくさんの釣り人が来る場所ですし
間違いなく1級のポイントですよ。

アクセスしやすいのも良いところですよね♪

興部町(興部漁港、沙留漁港)

興部漁港

沙留漁港

どんな理由化は分かりませんが、
興部漁港も沙留漁港もオホーツクなのに
鮭の遅場として有名です。

2つの港とも10月11月に浮きルアーでの
サケ釣りが人気の漁港です。

遅場というだけで釣れないという意味ではなく
しっかりと実績のあるポイントですよ。

だんだんと釣れてくるという意味で
他のポイントとの住み分けが出来てるのが
嬉しいです。

「11月になったし、そろそろ興部に行くか!」
なーんて考えが出来ちゃう場所ですね(^^)

浜頓別町(斜内漁港ルアー&フカセ)

浜頓別町にある斜内漁港もサケ釣りが出来る漁港です。

ウキルアーもウキフカセも出来る漁港ですので、
ぜひ訪れてみてください(^^)

枝幸町(枝幸港、問牧漁港、乙忠部漁港、北見幌別川、音標川&音標漁港、フーレップ川、岡島漁港)

枝幸は全域が超1級ポイントです。

混んでて入れなそうだと思ったら、
即移動で構わないと思うほど
どこでも釣れます。

良く全体で3ケタ釣れた!などと情報が出ますが、
他の場所も釣れるので安心していいですよ(^^)

枝幸港

枝幸と言えば枝幸漁港でしょう!

超超超人気ポイントで行けば
釣果も約束されたようなもんです。

少し前までは。。。

実は、枝幸港は完全に釣り人のせいで
サケ釣りの時期に規制が入ります。

詳しくは下の2枚の画像で確認してください。

枝幸港立入禁止1枝幸港立入禁止2

枝幸町HPより引用

全域禁止というわけではないものの、
ゲートがあって先に行けないので、
釣りが出来る人数も限られますし釣果も落ちています。

それでも回遊によっては1人2ケタ釣れる漁港ですが、
メインで狙う漁港では無くなったように感じます。

それもこれも釣り人の責任ですから
しっかり受け止めましょう。

これ以上、枝幸港のような場所を
増やさないためにも他人に迷惑をかけないように
マナーを守った釣りをしていくことを
心がけていきたいですね。

問牧漁港

8月から鮭が狙える1級のポイントです。

浮きルアーがメインの漁港になります。

乙忠部漁港

乙忠部(おっちゅうべ)漁港は
9月10月がメインの漁港です。

浮きルアー&浮きフカセで鮭が狙えます。

北見幌別川

8月中は河口規制があるので、
9月1日からサケ釣りがスタートします。

例年9月1日はサケやカラフトマスが
爆釣することが多いので特に混みます。

ここでは色んな釣り方が出来るのが
面白いんですよ。

河口で岸から釣りも出来ますし、
右側に張り出している磯で
ウェーディングしながら釣りも出来ます。

また、テントを持ってきて
泊まりで釣りをしている人もたくさんいて、
ゴムボートで沖に行って釣りをしてる人もいる場所です。

それぞれのスタイルがあって
私は好きなポイントですね(^^)

駐車スペースが狭いのが困りものですけど。

オカッパリの釣り人は
浮きルアー&浮きフカセで鮭を狙ってます。

音標漁港、フーレップ川、岡島漁港

音標漁港

フーレップ川

岡島漁港

フーレップ川は8月まで河口規制があるので、
9月スタートになります。

どの場所も
浮きルアー&浮きフカセで鮭が狙えます。

さらっと紹介していますが、
間違いなく1級のポイントですよ(^^)

猿払村(浜猿払漁港、知来別漁港、浜鬼志別漁港、シネシンコ海岸)

浜猿払漁港

ボウズ続きの方は浜猿払漁港に行ってみましょう。

それくらい激アツなポイントです。

浮きルアーでも浮きフカセでもイケますよ。

知来別漁港

知来別川が流れ込む知来別漁港も1級のポイントです。

浮きルアーで鮭が狙えます。

浜鬼志別川&漁港

浜鬼志別川は9月10日まで河口規制なので、
11日以降に行きましょう。

近くの浜鬼志別漁港もオススメのポイントです。

どちらも浮きルアー&浮きフカセで鮭が狙えます。

稚内市(北船溜漁港、西稚内漁港、抜海漁港、増幌川、泊内川)

稚内方面の漁港・河口ではどこでも鮭が釣れます。

回遊とタイミング次第で1人2ケタが
どこの場所でも期待できちゃう地域です!

全て紹介されても困るだけだと思うので、
今回は厳選したポイントだけ紹介しますね。

大きな港ばかりではないので、
入れないと判断したら違う港に移動することを
オススメします。

北船溜漁港

北船溜漁港は8月から鮭が狙えるポイントです。

フカセをメインで使用している釣り人が
多いですね。

 西稚内漁港

西稚内漁港ももちろん1級のポイントです。

浮きルアー&浮きフカセで鮭が狙える場所です。

抜海漁港

個人的に雰囲気が好きな漁港です。

フカセがメインで8月から鮭が釣れ始め、
10月に爆発した実績もあるポイントです。

オススメなのでぜひ(^^)

増幌川

8月中は河口規制で釣りが出来ないので
ご注意ください。

9月1日に行けるなら、
まず間違いなく候補になるポイントです。

過去には1日から3日連続で爆発した実績もあるので
超1級ポイントと言えるでしょう!

泊内川

泊内川は8月からサケが釣れます。

8月はカラフトマスがメインですが、
事故的に鮭が釣れるんですよね。

カラフトマス狙いなので、
ルアー単独で鮭が釣れるのが楽しいです(^^)

サケ釣りが最盛期になるとルアー単独で狙ってたら
「引っ掛けじゃね?」と思われる可能性があるので、
少々やりづらいんですよ。

こればっかりはルアー単独でのサケ釣りが
世間に認められるまでは仕方ないですね。

豊富町

釣りとは全然関係ないですが、
利尻島の利尻富士がキレイに見える漁港です。

デートでサケ釣りってこともないでしょうが、
キレイな景色を見ながらサケ釣りがしたいなら
ここですね。

癒やされますよ♪

天気が悪かったらどうしようもないですけど笑

浮きルアー&浮きフカセで鮭が狙えます。

最後に

オホーツク・宗谷方面は鮭の1等地が多いですね。

紹介する場所もめちゃくちゃありました。

ただ大きな港が多いわけじゃありませんし、
地元の方にご迷惑がかかるようなことは止めましょうね。

最低限のマナー

  • ゴミは持ち帰る
  • 夜は静かにする
  • 駐車スペースは迷惑がかからないところにする

これくらいは守るようにしましょう。

枝幸港のような場所は増やさないように
釣り人みんなで環境を守っていきましょうね。