浮きルアー&浮きフカセ用鮭釣りにオススメのロッドはこれだ!

鮭釣りロッドおすすめ

今回は、鮭の浮きルアー&浮きフカセ用のロッド(竿)に求められるものは何かを
考えていきたいと思います。

鮭ってブリが来るまでは北海道最大の魚でしたからね。

当然パワーは必要でしょう。

でもパワーだけに特化すると鮭の「コツコツ」っていう繊細なアタリを逃しちゃうから、
その辺のバランスも求められます。

一昔前までは鮭釣り専用のロッドなんて無かったですけど、
いまは色んなメーカーから「鮭専用ロッド」が出てますよね。

これが意味するところを考えてみましょう。

恐らく鮭釣りのユーザーを満足させるためには、
専用ロッドを作る必要があるとメーカーも理解したんでしょう。

それだけの価値がある魚っていう証拠です。

今回はたくさんあるロッドの中から、
「初心者用」「間違いないやつ」「こだわり」の3つの視点で
鮭用のロッドを見ていきたいと思います。

お気に入りのロッドを見つけるためのお手伝いをさせて頂きますので、
どうぞ最後まで楽しんでくださいね♪

鮭ロッドに求めること

パワー

鮭釣りにはまず間違いなく「パワー」のあるロッドが必要になります。

その理由として、

  • 40g前後のスプーンを含む(計60g程度)の仕掛けをキャストするため
  • 鮭釣りは釣り場が混雑していることがほとんどなので、鮭に主導権を渡さないように釣り上げる必要があるから

以上2つの理由が考えられます。

特に2つ目の「鮭に主導権を渡さない」ことは非常に重要で、
鮭釣りに関してはほとんどのシチュエーションでドラグを使うことはありません。

ドラグは出さずにゴリ巻きで鮭を寄せる釣り方が好まれます。

鮭に走られると周りの釣り人のラインをどんどん巻き込んでしまうからです。

こうなったらリールにラインを巻けなくなるので鮭を寄せられなくなっちゃうんですよね。

なので、鮭がかかったら他の人のラインを巻き込まないように寄せましょう。

余談ですが、
もし隣でヒットしてる人がいたらラインが巻き込まれないように、
仕掛けを回収しておくことをオススメします。

もちろん回収の早巻きすることで仕掛けが絡む可能性もあるので、
その辺を考慮しつつ対応して下さい。

ライントラブル(通称:お祭り)を回避する方法が以下に書かれています。

不要なトラブルを回避するためにも確認しておきましょう。

北海道の秋鮭の時期と釣れる理由は?暗黙のルールも知っておこう!

ティップの柔らかさ

鮭釣りに関してはティップ(ロッドの先端)が柔らかい方がいいです。

鮭はアタリが繊細なのでコツコツっとしたアタリで「合わせ」を入れるんじゃなく、
ロッドに重みが伝わってきてから合わせます。

なので、ロッドの先端が固いと鮭のアタリを弾いちゃうんですよね。

せっかくの鮭が来てくれたのに、
そんな悲しいの嫌ですよね。

なので、ある程度ロッドの先端には柔らかさが必要なんです。

ロッドを作る上でココが難しいんだろうなーと素人ながらに思ってます。

鮭に負けないパワーを維持しつつ繊細なアタリを逃さない柔らかさが必要なんですから。

とは言え、最新の技術でパワーと柔らかさの両方の特徴を持ったロッドはたくさん出てきました。

そんな最高の技術で作られたロッド達を紹介していきますね。

ダイワ リバティーフォース

最初の1本に最適な入門用でコスパ最強な鮭専用ロッドです。

70gの負荷まで耐えられるパワーと繊細なアタリをキャッチ出来るロッドの先端を持ってます。

長さも9ftから12ftまで4種類用意されているので、
自分の身長に合わせた長さを選んでくださいね。

女性は9ftか10ftが良いと思います。

身長170cmの友人は11ftまでは振れるけど、
12ftは振りにくくなると言ってましたので参考にしてください。

このロッドは鮭専用ロッドでありながら北海道専用ロッドでもあるので、
生産数が限られています。

シーズン後半には売り切れも確認していますので、
欲しいなら早めの用意がオススメですよ。

ダイワ ソルティストAK

ダイワの鮭専用ロッドの最高峰と言える「こだわり」が詰まったロッドです。

釣りって何でもそうですけど、
風とか波とかの影響もあって直線的な釣りが出来ないんですよね。

そうなると起こってくるのが「ネジれ」です。

しかしソルティストはそのネジれが解消されるように作ってあるので、
パワーがダイレクトに伝わるようになってます。

ってことは、余計な力を入れる必要がなく鮭にパワーが伝わるってことですよね。

長さは12.6ft、13ftとロングロッドですが、驚くのはその「軽さ」です。

12.6ftで250g、13ftで270gです。

この軽さは長時間ロッドを振る時にメチャクチャ有利に働いてくれます。

重くて体力が徐々に奪われると、いざという時の集中力が奪われるんですよね。

その分、このロッドはメチャクチャ軽いという超絶アドバンテージがあります。

私の初めて持った時の感想は「え?こんなに軽くて大丈夫なの?」でした笑

マジで軽いんですもん。

ちょっと心配になりましたが、
実際使ってみるとすげー使いやすくてお気に入りのロッドになりました♪

力の無い方、長時間鮭釣りを楽しみたい方にオススメのロッドです(^^)

ダイワ キャスティズム並継 20号-385W

※2019年7月10日追記

現在、この商品はあまりの人気のため楽天・Amazon共に入荷がありません。

次回はいつ入荷されるか分かりませんので見つけた方はラッキーです。

このロッドは本来「投げ竿」の分類ですが、
鮭用のロッドとして非常に優秀なスペックを持ってます。

一番の魅力は投げ竿特有の「飛距離」ですね。

軽くキャストしただけでメチャクチャ飛んでいきます。

キャスティズムを選ぶ上で注意しなければならないのは、
このロッドは「並継」と「振出」の2パターン用意されてるロッドだということです。

並継:ルアーロッドによくある2本3本のピースを組み合わせて1本のロッドになるもの
振出:投げ竿によくある全体が根本のピースに収納されるようになっているロッド

私のオススメは「並継」ですね。

振出はコンパクトに収納出来るため機動力がメリットになりますが、
それにより設計に無理が出来てしまいます。

対して並継は各々の部分に持たせたい役割を設計することが出来るため、
ロッドの設計としては理想の役割を期待できるんです。

鮭釣りに関しては荒磯をかいくぐって釣り場に到着するということもないので、
機動力が活かされることも少ないです。

以上の理由から「並継」がオススメになるんですよ。

もちろん、ロッド先端の感度は申し分ありません。

このロッドは感度が重要とされる「キス釣り」や「カワハギ釣り」にも使用されており、
細かいアタリを逃さないことが証明されています。

デザインもいいですよね!

オレンジ、マジでカッコいいです♪

今現在、一番オススメだと言っていいロッドです(^^)

シマノ カーディフサーモンプレミアム

シマノが「こだわり」を持って作った鮭用ロッドです。

シマノ派の方はこれ一択でしょうね。

元々、トラウト用ロッドとして評価の高いカーディフシリーズから満を持して登場したのが、
「カーディフサーモンプレミアム」です。

口コミを見ても、「飛ぶしフッキング率は上がるし大型魚とのやり取りもいなせるし」と、
マジ最高じゃんか・・・

って性能です。

シマノの「これにしとけば間違いないよ」って声が聞こえてきそうですもんね笑

シマノユーザーのための鮭専用ロッドのポテンシャルをぜひ堪能してください(^^)

パームス レラカムイ RKSS

パームスのレラカムイは北海道の釣りを対象に作られた、
北海道の釣り人のためのロッドです。

このロッドもかなり使いましたが、
「振りやすいフッキングしやすい鮭にも負けないパワーがある」と
メチャクチャ使いやすいロッドでした。

それが2019年にフルモデルチェンジしたんです!

マジでテンション上がりましたよ!

いままでも使いやすくて正直不満なんてなかったロッドですが、
フルモデルチェンジしたことによりさらなる進化を遂げたんですから。

長さも女性や子供にも使いやすい10ftから超遠投を可能にする13ftまで揃ってます。

まさに死角なしってやつですよね。

「間違いないやつ」はレラカムイのRKSSで決まりです!

最後に

鮭釣りに関してはロッド性能がモノを言う釣りだと思ってます。

オモリ負荷が合ってれば大体は大丈夫だというわけでもないんですよね。

鮭用ロッドに迷ってる方は「パワー」と「ティップの柔らかさ」を
兼ね備えたロッドを選んでくださいね。

美味しい身といくらのために頑張りましょう♪