MENU
ロックフィッシュ

小樽ボートロック!デカソイを釣るテクニックと必須ワームを紹介!

ソイボートロック釣り方

2019年はデカソイのアタリ年になってますね!

私が毎年通ってるアングラーズでは「デカソイの数釣り」が出来てます。
40cmクラスのソイだと「小さ」って思っちゃう釣りがあるなんて信じられますか?笑

ただアングラーズ以外の遊漁船では数釣りとまではいってないですよね。

船長の操船技術やポイント選択は間違いなくあるんですが、それ以外にもポイントになってるところがあったので記録に残しておきます。

デカソイの数釣りをするために必要なのは「ワーム選択」「リアクションパターン」です。

今年もまだまだ狙えますし、来年以降も使える情報ですよ。

デカソイを釣るためのパターンを覚えて爆釣しましょう!

釣り情報

日時:5月前半
時間:5時-11時
風:風速1-3mくらい
天気:晴れ

アングラーズの乗船場所・駐車場

集合場所が分からない方のために画像も載せておきますね。

場所的には小樽水族館の手前になります。

札幌方面から車で小樽水族館方面に行くと左に大きく「小樽貴賓館」の看板があります。
また、右側にも「祝津小学校」の看板があります。
これが大きな目印ですね。

で、「祝津小学校」の看板の裏にこの空き地があるので、ここに駐車します。
詰めれば4台くらいは駐車出来ますよ。

小樽アングラーズHP

開始早々から始まるデカソイラッシュ

ウキウキしながら5時に出港予定で4時には小樽到着してました♪

毎回初対面の方がいますが、駐車場で雑談して仲良くなれるのが小さい船の魅力かな?
準備してお話してるとすぐに出船の時間です。

ポイントに到着し釣り始めます。

で、令和初フィッシュは1投目から釣れちゃうんですよね♪
噂通り開始早々デカソイラッシュが始まりました!

1年ぶりのデカソイラッシュ気持ちいい~~~~!!!

時合いを逃して釣れなくなると楽しくないので、ブロガーのくせに写真も取らずに釣り続けます笑

開始早々のラッシュは北海道では聞き慣れないワームを持ってるか持ってないかで釣果が分かれました。
去年のアングラーズのHPを見ていないと令和元年には出会わなかったワームかも知れません。

デカソイ対策の新基準:ウマミシャッドテイル

そのワームの名前が「ウマミシャッド」です。

このワームはプロアングラーの大久保幸三さんが各地の海で次々と大物を釣り上げてることからデカソイに限ったわけではなくあらゆる魚種に有効なワームだと分かります。

大久保幸三さんブログ

大久保さんは去年アングラーズに乗船してたんですよ!
去年と言えば思い出されるのはクロソイがワームにほとんど反応しなかったってこと。

マジで何のワームを使っても反応してくれないので5匹釣ったら竿頭(一番釣った人のこと)ってこともあったんですよね。

そんなキツイ状況の中、大久保さんはウマミシャッドを使ってデカソイをリアクションで釣ってたんですよ!

もちろんテクニックの差もあるとは思いますが、船長にその印象を確認すると「ウマミシャッド」もスゴいと教えてもらいました。
あまり褒めることのない船長なのでマジですげーんだなと思ってもらっていいです。

これは用意しておくしか無いでしょう!と、しっかりと用意して今回の釣行に望んだところ狙い通りに釣れたというわけです。

ウマミシャッドは60mm、90mm、120mmの3パターン展開していますが、オススメは120mmです!

ワーム自体がメチャクチャデカイので「マジで大丈夫なのか?」と私も疑ってかかりましたがしっかり釣れてくれたので大丈夫でした笑

ただ釣れるワームなだけに売り切れ続出なので注意してください。

上のリンクも120mmは売り切れてたので90mmのものです。

ただ、40cmクラスのソイを意識するなら90mmを推奨しますね。
120mmだと大きくて40cmクラスは食いきれないことも多かったです。

40cmクラスも全部釣って筋肉痛になってやるぜ!って方は90mmがちょうど良いですよ♪
数釣りじゃなくて60cmクラスを狙うんだ!って方は120mmがオススメですね!

間違いないのはデカソイを釣りたいなら「ウマミシャッド」はマジで用意しておいた方がいいってことです(^^)

ウマミシャッドはストレートフック推奨

ただ、気をつけなきゃいけないのは、このワームはストレートフック推奨のワームです。

普段、テキサスリグなんかで使うオフセットフックを付けるとフックの先が出てくれないので注意してください。

オススメは大久保さんも使ってたこのフックですね♪

大久保さんは120mmのウマミシャッドに対して「4/0」のフックを使用していました。

なので90mmの方は3/0のストレートフックをオススメします。

また、ウマミシャッド自体が非常にズレやすいワームなので上のフックのようにワームがズレないように設計されたものがいいです。

あとは瞬間接着剤が必需品になります。

ズレないように対策をしてても、どうしてもデカソイのパワーでワームが割れてしまうんですよ。
なので瞬間接着剤を持っていってその場で割れたところをくっつけてしまいましょう。

そうすれば柔らかいワームでもボロボロになるまで使うことが出来ますよ♪

デカソイが釣れたパターン

今回、これと言った決まったパターンでデカソイが釣れ続けたわけじゃありませんでした。

なので、引き出しが多い人が数釣り出来るという感じでしたので先日釣れたパターンの詳細を書いておきますね。

今回、ソイがいた層は水深10-12mくらいが多かったのでその辺も参考にしてください。
船長が言うにはどんな水深でも今年のソイはずーっとこの辺りにいるということでした。

なので、その層に長くワームを滞在させてアピール出来るかが釣果の分かれどころになってましたね。

スイミング

キャストして着水後から何秒かカウントしてからスイミング(ただ巻き)し始めます。

カウントする秒数を自分の使ってるシンカー(重り)の重さで変えていきます。

自分のシンカーで1秒にどのくらい沈んでるのかが分からない方は2つ方法がありますので、下を参考にしてください。

船長に「ここの水深は何mなのか確認」してから、真下にフリーフォールさせて何秒かかったのかカウントする方法

例:水深20mでカウント10秒で底に着いた場合
1秒で2m落ちていってる計算になる

自分のリールの1回転のライン巻取り量が分かっている場合の方法

真下にフリーフォールさせてかかった秒数×自分のリールの1回転の巻取り量
例:底まで10秒かかった。自分のリールは1巻き90cmだとすると
10秒×90cmで900cm=水深9m

もちろんこれらは潮の流れや船長の操船によっても秒数は変わりますのでご注意ください。(ラインが斜めになるため)

けど、大体の数字が分かってるのと分かっていないのとじゃ攻め方も変わってきますからね。

船長に言われた層をビタッ!と攻めるためにも、この辺りは把握しておくことをおすすめしいます。

スイミングは最後まで一定のペースで巻いていきます。

ワームが見えるような浅い水深でヒットすることも多かったので最後まで油断しないようにしましょう!
水面まで追ってきたこともありましたよ(゜o゜)

カーブフォール

着水直後やカウント後からのカーブフォール(※)での辺りも多かったです!

※フリーフォールが真っ直ぐ落とすのに対して、カーブフォールは斜めに落としてあげる方法です。
ラインを出さずに落としていってあげるとカーブフォールになります。

船長が「水深10m」と言ったので、10mちょっとキャストしてそのままずっとカーブフォールさせててるとヒットするのが面白いですよね♪

もちろんラインは真下になるわけじゃないので、ちょっと長めにキャストするのがポイントですよ!
水深10mに対して10m程度のキャストならラインが斜めになるので水深10mの所にワームが届きません。

その辺は気をつけてください。

フリーフォール

途中、釣ったソイがイカを捕食してるのを見たんですよね。

なので、白っぽいワームで船の真下にイカのような動きをするようにフリーフォールさせて見たところ、めっちゃアタリがありました。

ちょうどこの写真の大きく載ってるやつです。
もちろん何本もキャッチ出来ましたよ♪

この時、大事なのはなるべく軽いシンカーで水抵抗の多い(あまり沈まない)ワームを使うこと。
そうすることでイカのようにフワフワした動きをワームにさせることが出来るのでアタリが増えます。

イカパターンってやつですね。

ウマミシャッドはワームの中に空洞があるので、フワフワとイカみたいに攻めることが出来ました♪

中層リフト&フォール

普段の釣りでは絶対にやりませんが、今回はソイのいる層がハッキリしていましたので中層のリフト&フォールを試してみたところ良い反応がありました。

なるべくソイのいる層にワームを長く滞在させたかったからです。

普段海の底でトントンするリフト&フォールとは違い中層なので実際には斜めにリフト&フォールをしてる形にはなりますが、この作戦もヒットしましたね。

むしろこのパターンが結果的に1番釣れました!

なので、新たなボードロックの攻め方として知っておいてもいいかと思います。

※普段やらない誘い方なので、何で釣れたのかをもう一度考えてみました。

恐らくイカパターンの日だったことが影響しているんじゃないかと思います。

白など膨張色のワームを使って試したわけじゃありませんが、中層からのリフト&フォールってイカの泳ぎ方に似てますよね!

  • リフトする動きがイカが水を噴射して泳ぐ動作
  • フォールはそのままイカが海面を漂う動き
  • フォール中にリールを巻いてるから、リフトは斜めに泳いでくる(魚から逃げようとしている)
  • で、イカを捕食しているソイはたまらずワームに反応する(から釣れる)

これですね!

この考えが一番しっくりきます!

皆さんもイカを捕食しているソイがいた時や、イカが釣れてる情報があった時なんかは中層リフト&フォールを試してみてください(^^)

ベタ底リフト&フォール

何をやっても反応がない場合は、根の中にソイが隠れてしまってる可能性もあるのでベタ底をリフト&フォールさせました。

根掛かりの激しい場所でしたのでワームロストも怖いですが厳しい状況の中でもソイの反応が得られましたので、本数を伸ばしたい方は攻めて見るといいですよ(^^)

小樽のボートロックはかなり根の激しいところを攻めてますので、確実にワームをロストしますけどね💦

最後に

今回、船長の薦めでPEラインを使ったボートロックを久々にやりました。
感度バツグンになりますが、ベタ底を攻めるのはマジでキツイです。

ワームロスト時にリーダー(PEラインは擦れに弱いので少しくらい擦れても大丈夫なように付けるナイロンとかフロロのライン)から切れると結び直すのに時間がかかっちゃいますからね。

まぁ釣れてる時間にベタ底は攻めないので、ソイの釣れる本数にはさほど影響はないと思いますが。

かなり釣れたのでやっぱり小樽のアングラーズは楽しいです♪

また時間を見つけて行きたいですね(^^)