未分類

沖防波堤で釣りをしよう!北海道で行ける沖防波堤&渡し船を紹介

北海道沖防波堤渡し船

普段と違う空気を感じられる「沖防波堤」

沖防波堤に行っただけでワクワクして普段より釣れる気がしますよね♪

「沖防波堤」を知らない方のために説明しますと、
沖防波堤は陸続きの防波堤ではなく「船を利用しないと行けない防波堤」のことを言います。

つまり釣り人が気軽に行ける場所ではないので、
普段の釣り場のように他の釣り人によって散々荒らされた場所ではなく、
「魚たちもスレてないピュアな場所」ということになりますよね。

そんな釣り人に取って聖地のような場所が北海道にはいくつもあります。

今回の記事は、

  • 沖防波堤の素晴らしさ
  • 北海道の沖防波堤に渡れる場所
  • 沖防波堤に渡るための船
  • 沖防波堤での注意点

が書かれています。

ぜひ沖防波堤に行ったことが無い方は渡ってみてください♪

釣り人ならメチャクチャ楽しい場所ですよ(^^)

沖防波堤の素晴らしさ

沖防波堤は「ピュアな場所」と表現しましたが実際に行ってみると、それがよく分かります。

普段の釣りなら狙った魚が自分の仕掛けに反応してくれるように、
「あの手この手」で対抗しますよね?

けど、沖防波堤の魚たちは私達のリアクションに素直に答えてくれます。

もちろん毎日のように釣り人が攻めている人気の場所の沖防波堤であれば、
少しスレている個体もいますが、
それでも普通のオカッパリの釣りよりは素直です♪

そこが楽しいんですよー(^^)

私は1つの釣り方で一晩中クロソイと楽しんだ経験があります。

あの時は釣り天国にいるかのような楽しさでしたね。

また、個体の大きさも普通の防波堤よりは大きい個体が釣れる可能性が高いです。

釣り人が少ないのでお持ち帰りされる可能性が少ないからという面も関係していますが、
単純に「沖」なので大物が潜んでるんですよ!

私が初めて50cmのクロソイを釣り上げたのも「室蘭の沖防波堤」でしたので、
「沖防波堤には釣り人の夢がある」と言ってもいいですね(^^)

室蘭沖防波堤:つりぶねや

沖防波堤で一番有名?なのは室蘭の沖防波堤ですかね?

結構お客さんもいますし、朝便・昼便・夜便もあるから行きやすいですよね。

室蘭の沖防波堤は聖地室蘭らしく「ロックフィッシュ天国」になってます。

アブラコ(アイナメ)やソイがバンバン釣れますよ♪

ヒラメの釣果も聞かれてますのでヒラメ狙いでもイケますね。

室蘭の沖防波堤に行きたい方は「つりぶねや」さんで渡し船をしてますので、
連絡してみてください。

つりぶねやHP

石狩沖防波堤:Littlebay(リトルベイ)

石狩は札幌からすぐそこなので大人気の防波堤ですね。

過去には62cmのビックママソイが釣れた実績もあり、
特にデカソイシーズンは何度も船が行き来するくらい、
人気があります。

渡し船はリトルベイさんがしてくれますよ。

リトルベイHP

白老沖防波堤:はやて

白老沖防波堤はアブラコ、ソイ、カレイが狙えます。

投げでカレイの仕掛けをセットしておきながら、
ロックフィッシュを楽しむ贅沢プランなんていいですよね♪

渡し船は「はやて」さんがしてくれます(^^)

はやて:090-3398-5407

留萌沖防波堤:正宝丸&第二紀宝丸

デカソイの聖地留萌の沖防波堤も忘れちゃいけませんよね。

最近は寂しい情報もありますが、
資源が回復してくれれば昔のように50UPがバンバン釣れる環境に戻るでしょう♪

※デカソイはお母さんなので資源が減ってきてるクロソイはリリース推奨です

みんなでリリースして資源を守ってれば絶対また聖地に戻れます。

留萌沖防波堤は遊漁船の正宝丸さんと第二紀宝丸さんが渡し船をしてくれます。

正宝丸:090-8633-8910

第二紀宝丸:080-3236-6372

岩内沖防波堤:千鳥丸

岩内と言えばヒラメですよね!

沖防波堤からはカレイやヒラメ、イカが狙えます。

チョイ投げでカレイが釣れるポイントなので、
遠投できない女性や子供でもカレイが釣れるポイントですよ♪

渡し船は千鳥丸さんがしてくれています。

千鳥丸:090-6266-2282

瀬棚沖防波堤:寿喜丸(すきまる)

瀬棚はカレイにホッケ、ソイ、ヒラメと狙うことが出来ます。

ベテランの船長さんが防波堤まで渡してくれますので、
安心しておまかせ出来ますね(^^)

寿喜丸:090-1528-5190

小樽&苫小牧

小樽と苫小牧の沖防波堤渡しは残念ながら現在は禁止になっています。

苫小牧はロックフィッシュの聖地ですし、メチャクチャ渡りたいんですがね。

沖防波堤に乗っちゃいけないのをしらないのか、
苫小牧の沖防波堤に乗ってた人が海保に捕まったところを見たことがありますので、
皆さんは自前の船で近くに行っても乗らないようにしましょう。

苫小牧の沖防波堤周りで釣りがしたければタマリスクさんにお世話になるといいですよ。

タマリスクHP

沖防波堤の注意事項

天候の急変に注意

沖防波堤は本来なら釣り人が乗るところではありません。

漁港への波が小さくなるように設計されているものです。

なので、危険がいっぱいあります。

特に天候が怪しいなと思ったら、
すぐに渡してくれた船長に連絡して迎えに来てもらうこと。

これメッチャ大事です。

船長たちも気にしてくれていますが、
結局現場の状況が分かるのは自分たちしかいません。

船長がギリギリ渡せると判断して渡ってからは、
自分たちが自分たちの身を守る必要があるんです。

船が近づけないほどの天候になったら最悪ですからね。

危ないと思ったら早めに迎えの依頼をしましょう。

生きてさえいればまた釣りに行けます。

着替えを持って暖かい格好で行く

雨の日に行く場合は着替えを持っていくことをオススメします。

私も一度経験がありますがレインウェアの袖口から雨が侵入して、
メチャクチャ寒くて釣りにならなくなったことがありました。

その時は同行者の着替えを借りて難を逃れましたが、
もし同行者が着替えを持ってきてなかったらカゼを引いてたかもしれません。

暖かい格好をしていくのはもちろんのこと着替えも確実に持っていきましょう。

BBQはしない

沖防波堤にバーベキューセットを持ち込んでBBQを楽しむ人がいるそうです。

しかも楽しんだらしいBBQのコンロ等はそのままにして帰ってます。

これマジでダメですから。

沖防波堤はBBQをするところじゃないですし、
ゴミを置いてくなんてもってのほかです。

BBQを楽しみたければキャンプに行くなりして、
やってもOKなところでしてくださいね。

ゴミを持ち帰るのは当然のマナーですよ。

最後に

沖防波堤は乗り合いの船と違って仲間と好きなようにワイワイ楽しめる楽しいところです。

好きなように非日常の釣りが出来るのでマジでオススメですよ!

行ったことが無い方はぜひ非日常の楽しさを味わってみてください♪