MENU
ブリ

北海道ショアブリ初心者にオススメのジグ!釣れるルアーだけを紹介!

ショアジギングおすすめジグ

北海道でブリが人気ターゲットとなって数年。
温暖化の影響で海水温が上がったからという理由らしく好ましい話ではありませんが、釣り人としてはブリが釣れる機会があることを嬉しく思っています。
ブリは青物なので引きの強さにも魅了されますが、刺身・しゃぶしゃぶ・ぶり大根など料理のレパートリーも豊富で家族にも喜ばれることが人気の理由の一つになっています。

そんな人気のブリなので、毎年のように各社から新しいジグ(鉛や鉄で出来た疑似餌)が発売されています。
店頭でもそうですしネットでジグを購入しようとすると、あまりの数の多さに初心者の方はたじろいでしまいますよね。
初心者がブリ釣りで始める時に困るハードルの一つになっていると感じます。

しかも、ジグって安い買い物じゃないんですよね。
複数個揃えただけで夏目さんが何人も飛んでいってしまいますので、それで釣れなかったらとっても悲しい気持ちになります。
いろいろ悩んでロッドやリールなどのタックルも決めてるんですから、一番大事なジグで失敗してほしくないです。

なので、今回はいろいろなジグを使ってきた私がオススメするジグを「限定して」紹介することにしました!
マジで厳選しましたので、これだけ買ってもらえてば大丈夫だという構成にしています。
ただ、釣れるジグ=人気のジグでもあるので、ブリ釣りが本格化する時期には毎年欠品も確認しています。
そんな理由から、これからブリ釣りを始めよう!とか、今年は釣りたい!と思っているのであれば、すぐにでも購入することをオススメするジグ達です。

ブリジキング初心者のためのジグ!撃投シリーズ

公式ホームページ

初心者の方はこのメーカーのジグだけもいいよ!というくらい使いやすいし、釣れるし、使い分けも分かりやすいジグになっています。
まずは、このジグを使用してジグの使い分けやアクションのやり方を研究してから、他のジグを購入し細分化していくという方法を取ることがブリ釣り上達への近道であると感じています。
私も撃投シリーズだけでたくさんのブリを釣ってきました!
実績のあるジグです!
使い分けも大事になってきますので、各々の細かい使い分け方法を書いておきます。
ぜひ参考にしてみて下さい。

撃投ジグ(ノーマル)

※画像①参照
パイロットルアー(最初に使う疑似餌)として最適なオールマイティージグです。
ノーマルだけを使ってブリを1日10本以上釣るツワモノがいるくらい破壊力があるジグになります!
これを使い倒すことでキャスト(ルアーを飛ばす)やワンピッチジャーク(リズミカルに疑似餌を動かしてルアーが生きているように見せる釣り方)の感覚が掴めます。
初心者の方はこれ1本だけ持って、1日使い倒して欲しいくらいオススメな1本です!


レベル

※画像②参照
ワンピッチジャークなどの途中でフォール(落ちる)時に、ジグがブレずに水平に落ちるように設計されたジグになります。
水平に落ちることで、ブリに対して違和感を覚えさせることなくジグを喰わせることが可能です。
また、まっすぐになることでフォール時のスピードもゆっくりになり、ルアー全般で大事な「喰わせの間」が長く取れるため釣果に繋がりやすいジグになっています。

エアロ

※画像③参照
ジグの後ろ側に重心を持ってくることでキャスト時のブレを少なくし、より遠くまで飛ばせるように設計されたジグです。
飛行姿勢が安定しやすいので横風にも対応しやすく強風時にも使いやすいジグになっています。
ノーマルやレベルを使っていて、風が強くてうまくキャスト出来ない、ナブラ(小魚が大型魚に追われて水面がザワザワしている状況)があるけどあとちょっとの距離が届かない、という状況下で使えるジグです。
動きは控えめなジグですが、それがアピールとなって釣れるケースも確認しています

ウルトラスロー

※画像④参照
このルアーの一番のポイントはフォルム(形)です!
フォルムがコンパクトに設計されているので、他のジグを見飽きたブリに「明らかに違う」と認識してもらうことが出来ます。
ルアーを使う上でカラーローテーションという考え方(色を変えることで魚へのアピール方法に変化をもたせる)がありますが、ウルトラスローはカラーに加えてフォルムでのアピールも出来ちゃいます!
今日は全然釣れないなー、って時にはウルトラスローを使ってカラー+フォルム変化でブリにアピールすると釣果に繋がります。
また、ウルトラスローは「スロー」という名の通り普通のジグと比較すると「引き抵抗」があり、ストップがかかったような状態になるためゆっくりアピール出来るジグです!
このゆっくりアピールが釣果につながったケースを何回も経験していますので、1本は持っておきたいジグになっています!

北海道が生んだ釣れるジグ!ルアーズケミスト

公式ホームページ

鮭用のスプーンが有名となった旭川のビルダー(ルアーを作る人)が作成しているルアーです。
地元北海道のビルダーさんだから、応援してるってわけではないんです。
ここのルアーはマジで釣れます!

写真を見て頂くと分かるようにカラーリングがキレイで見とれちゃいませんか?
ハンドメイドなので作りもしっかりしていますし、海中での泳ぎ方もキレイです。
(泳ぎ方が気になる方は水面でロッドを引っ張るようにすると確認できます)
カラー+泳ぎでブリへしっかりアピール出来ていることが充分に伝わってきますね。

私が使っているのは「ディアン」という名前の「80g」のルアーなんですが、ルアーズケミストは手作りで大人気のため作っても作っても飛ぶように売れています。
なので入手が本当に困難です。

タイミング良くオンラインショップを覗いたり、物販している「吉田自動車」や「旭川直販店」に在庫があることを願うしかありません。
しかも、80gのような重いジグは多く作っていないので非常に希少価値があるルアーです。
ただ、手に入りにくい一方で使ってみると驚くほどブリにアピール出来るので「釣れるルアー」になっています。

大抵のジグは購入した後にコーティング剤を使ってジグの周りを保護しなければ海底や地面に当たって傷だらけになりますが、ルアーズケミストのルアーはすでにコーティング済みなので傷が付きにくくなっている利点もあります。
さらに、コーティングは失敗するとジグの泳ぎにまで影響してしまうため、釣れるジグがコーティングにより泳がなくなってしまい釣果が悪くなることがあります。
ルアーズケミストはそんな心配すらありません。
まさに初心者に優しい至れり尽くせりのルアーですね。

最後に

今回は、間違いなく釣れる!と言えるルアーだけを紹介しました。
撃投シリーズもルアーズケミストも大人気のルアーです。
時期になると売り切れるのでその前にルアーボックスに忍ばせておいて、ブリをサクッと釣ってやりましょう!
在庫があるうちにゲットしてくださいね♪