MENU
ホッケ・ニシン

春のニシンは大型!石狩や小樽で産卵直前のニシンを狙って数の子も!

ニシン石狩小樽釣り方

主に冬がメインのニシン釣りですが、春には産卵を迎えます。
ひと冬で栄養を蓄えて成長したニシンは大型で脂も乗っていて釣りのターゲットとしても食卓のお供としても最高です♪

春は「群来」と呼ばれる「海が真っ白になる現象」が起こるんですが、これはニシン産卵したことによって起こる現象なのでニシンが岸寄りした合図となります。
群来は春を表す現象なのでテレビでも毎年「ニシンの群来がありましたよー」と紹介されていますね。
群来が起こったらすぐに釣り場に直行しましょう。

今年は小樽から群来がスタートしましたが、小樽の釣果はあまり聞かれていませんね。
今年のニシンの釣果は石狩からスタートし好調な釣果が続いていますね!
好調な石狩を覗いてきましたよ!

春のニシンの釣り方

春のニシンは出産を控えて成熟していますので、非常に大型です!
30cm以上の個体も珍しくなくロッド(竿)にずっしりと重みが伝わります。

仕掛けはサビキが一般的です。
個体が大きいので8号から10号のサビキ仕掛けを用意するといいでしょう。
重りは6-10号でOKです。
その日のコンディションに合わせて、沈下スピードを早めたり遅くしたりすることでニシンが釣れてくれます。

ロッドは何でもいいですが、ニシンが非常に大型なので細いロッドを使う時には海面から抜き上げる時に「ポキっ」とロッドが折れてしまう可能性があります。
なので、少し大きめのロッドを使用しダブル・トリプルがかかっても問題ないようにしましょう。

このくらいの竿であればしっかりしているので大丈夫だと思います。
このロッドがあれば、ホッケもいけますしチカやサバなどサビキ全般イケますよ♪

ちなみに私オススメのサビキ仕掛けはこちらです。
私はホッケの時もこれを使ってます。
むしろサビキにはこれ!というくらい信頼しているサビキの仕掛けなのでオススメですよ(^^)

ニシンが釣れる時間

ニシンは海を回遊していますが基本的には夜に狙います。
夜釣りでは投光器が必要になりますので、投光器を持って釣り場に出かけましょう。

充電式のポータブル投光器を購入した人が困ることなんですが、設置する場所が無くてうまく海面を照らせないんですよね。
自作して色々工夫する人もいますが、この商品なら三脚が置ければ海面を照らせますのでマジでオススメですよ♪

2019年は日中でもニシンの釣果が聞かれていますので、回遊次第では夜よりも釣れることがあります。
釣果を伸ばすためには隙間時間に足を運ぶことが大切ですね♪

ニシンが釣れる場所

釣りは釣れる場所に行くことがとにかく大切です。
釣れてる情報があったら、すぐに向かいましょう!
2019年のニシンの釣れ始めは「2月27日」でした。
こういう情報は来年にも使えますので覚えておくといいですね。
忘れそうな方はこの記事をブックマークでもお気に入りでもしておいて来年もすぐに見れるようにしておくといいと思います

石狩湾新港 東埠頭・砂揚場

こちらは石狩のサビキ釣りの聖地とも言うべき場所ですね。
砂揚場の方はお仕事をされている方がいらっしゃいますので、ご迷惑にならないように釣りをして下さい。

石狩湾新港 樽川埠頭

こちらは今年(2019年)ヒットしてるポイントですね!
バケツいっぱいにニシンを持った釣り人が多数出ている情報が出回っています。
いま行くならここ!という感じがします。
ただ注意しなければ行けないのは駐車場のスペースが限られていることです。
埠頭の中には一般車は入れませんので駐車スペースに必ず駐車して下さい。
マナーの悪い車がいて警察のお世話になった話も聞いています。
マナーを守って釣りを楽しみましょう。

小樽港

小樽は港内全域でニシンを狙えます。
今年は石狩に押され気味ですが、まだまだチャンスはあるでしょう!
石狩の情報が出回り過ぎなので逆に小樽が穴場になっている可能性はありますね。
石狩でこんなに釣れてるし、群来も確認されているんだから釣れてないことはないはずです。

最後に

ニシンの群来がやってきたということは、釣りシーズン開幕の証ですね!
今回は、釣りをする時間がなかったので私もタイミングさえ合えばニシンを釣って旬のお刺身やなめろう、塩焼き、数の子、白子を堪能したいです!
想像するだけでヨダレが出てきちゃいますね笑

ちなみに写真を撮った日はニシンの回遊が無かったようで誰も釣れていませんでした。
また、足を運んで釣果情報をお伝えしようと思います♪